Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

プログラマーが向いていると思う人の性格4つ【IT業務5年以上の経験から語る】

f:id:mTakata:20200823172618p:plain

プログラミングを始めようか迷っています。
でも、自分が向いているかどうか不安。
どういった人が向いているのか知りたいな。

こんにちは。

 

今回は、こういった疑問にお答えする記事になります。

 

この記事を書いた僕は、

・2014年からIT企業で自社開発(1年)、受託開発(1年)、SES(3年)を経験

 

・現在30歳で、SESをメインとする企業に勤務

ある程度信憑性が保てているかと思います。

 

【目次】

結論:向き不向きはありません

f:id:mTakata:20200823172608p:plain

いきなり、すみません。

 

僕は本気で、プログラマーになるのに向き不向きは関係ないと思っています。

 

ですので安心してください。

 

強いて言うなら、プログラミングができるようになる為に、時間がかかるか?かからないか?の問題だけかなと思います。

 

あの堀江貴文さんが言っていました、「プログラミングは超絶簡単」だそうです。

 

誰でも出来るとも言っていましたからね。(さらに信憑性が高まりましたね)

 


【堀江貴文×マコなり社長】プログラミングは超絶簡単

 

ですので、安心してください。(二度言いました)

 

ここで紹介するのは本気で努力すれば、

☑️時間をかけずに上達する

このようになるだろう人の特徴を、今からあなたにお伝えしたいと思います。

 

もし、ここで当てはまらなかった人も、

逆に時間をかけて取り組めば、出来るようになるんだ!!

と考えてもらって全然差し支えないです。

すぐ相談できる【でも、なかなか難しい】

f:id:mTakata:20200718234542j:plain

プログラミングは基本的に、一人でやる作業です。

 

ですので分からない時、いかに誰かに相談できるか?が重要です。

 

あなたがプログラマーとして、業務に携わったときは特にそうですね。

 

なぜかと言いますと、プログラマーは「納期」との戦いですので、その為に計画を立てて進めていきますが実際、スケジュール通りに進まない時が多いです。

 

なのでプログラミングでも必要ですが、いかに困ったときに先輩・上司に相談できるかが非常に大事になってくるのです。

 

たとえあなたがプログラミングが全然できないという自覚があったとしても、相談できる・できないかで、周囲の評価が大きく変わってくるでしょう。

 

そして相談できるようになると、伸びるスピードもかなり上がります。 

過程を楽しめる【パズル感覚】

f:id:mTakata:20200823172613p:plain

作成するアプリケーションをイメージするのは、とてもワクワクします。

 

ですが、その為にあなた方が「開発」していかなければなりません。

 

なので、気長に「完成」する日を楽しみにしながら、「作る過程」を楽しめる人。

 

身近で言うなら、パズルもそうですね。

 

そんなあなたは是非、プログラマーを目指してみてはいかがでしょうか。

文系【国語が得意】

f:id:mTakata:20200823172604p:plain

プログラマーに対して、理系の印象が強いかもしれません。

 

が、どっちかというと文系ですね。

 

プログラミングでは、論理的に開発していきますので。

 

少し分かりにくいと思いますので、具体例をあげますね。

 

例えば、映画チケット発券機があるとします。

 

こういった機械も、実はプログラムが組み込まれていて、開発者は次のことを考えながらプログラミングしています。 

チケット発行までの流れ

①人数指定

・1〜2名か?もしくはそれ以上か?

・年齢(60歳以上がいるかどうか?)

 

②映画タイトル指定

・現在公開中の映画一覧を、データベースから引っ張って表示する

 

③座席指定

・指定された映画が見れるスクリーンをデータベースから引っ張って、その座席を画面に表示する

・指定された人数分、座席を選択できるようにする(それ以上は選択できないようにする)

 

④支払い方法

・現金か?クレジットか?

→現金の場合、料金支払い画面へ遷移する

→クレジットの場合、番号入力画面へ遷移する

 

⑤車でお越しかどうか?

→Yes:駐車代を割引して、次の画面へ

→No:何もせず、次の画面へ

 

⑥料金の請求

・指定された支払い方法に応じて、画面を表示して料金を請求する

・割引適用をすべきかどうか?

 

⑦GOAL:チケット発券

実際には、もっと考えるところがあると思いますが、ざっくりこんな事を考えながら開発を進めていきます。

 

数学っぽくないですし、数学のような公式も登場しません。

 

あるとしても、四則演算ぐらいですね。

 

なので数学が嫌いな人も、最低でも四則演算さえ出来れば、プログラミングに支障をきたすことなく楽しく開発ができますよ。

最後まで粘れる、飽きずに取り組める

f:id:mTakata:20200823172600j:plain

プログラミングはエラーとの戦いでして、それを解決しつつ次へ進んでいきます。

 

そのエラーが簡単なものだったり、何時間もかけてようやく解決するものだったりと様々です。

 

この何時間もかかるエラーが本当に大変でして、上司や先輩に相談しても中々解決できないものだったりします。

 

ですので、最後まで粘れる人、投げ出さない人はプログラミングを是非始めてみるべきかと思います。

 

そして、エラーが解決したときは本当にやりがいを感じますし、嬉しいし、楽しいですよ。

まとめ

以上4点、紹介させて頂きました。 

①すぐ相談できる

 

②作る過程を楽しめる

 

③文系【国語が得意】

 

④最後まで粘れる、飽きずに取り組める

そして、プログラマーに向き不向きはなく、実力をつけるのに時間がかかるか?かからないか?の問題だけです。

 

この記事でプログラミングが楽しいかは伝わらないと思いますが、プログラミングは楽しいです。

 

ですので、やってみようかなという迷いがあれば、是非初めてみることをオススメします。

 

プログラマーは今も需要が高いですし、手に職をもって損するなんてことは全然ないですよ。

 

以上です、頑張ってください。

 

【関連記事】

www.sunsunflowers.com