Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

【メンタルの病みやすい方必見】時間の使い道・考え方でメンタルを変える

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。

この記事は、 

自分と同じ環境・同じ仕事をしているのに、同期はどうして卒なくこなせているのだろうか?
それにしても、・・・本当に病みそう

上記で悩んでいる方へ向けた記事になります。

 

【目次】

 

1.メンタルを病む原因は、「自責」によるケースが多い

f:id:mTakata:20191119115424j:plain

あぁ・・・また自分のミスで迷惑かけてしまった

仕事でミスしたら、僕も上記のように思いました。

 

一般的に「自分がメンタルが弱い・病みやすい」と自覚のある人は、いわゆる「自責の念」があり、「自分のせいで・・・」など思う方、多いのではないでしょうか。

 

みんなでやる仕事で、失敗しても他人のせいにせず、自分の責任だと感じるあなたは、尊敬に値する素晴らしい人だと思います。

 

あなたが管理職の方であれば、実は周りからもの凄く尊敬されているんじゃないでしょうか。

 

そして社会人としてまだ新人の方も、仕事でも周りに好かれていくでしょう。

 

しかしその反面、人に悩みを打ち明けず「抱え込みやすい」タイプでして、そのまま無理して仕事を続けていくと脳内環境の悪化がひどくなり、うつ病などで通院することになりかねません。

 

こういう「自責」タイプのあなたは、逆の考えを持ってみてはいかがでしょうか。

 

聞こえが悪いかもですが、「人のせいにする」気持ちをもってみることです。

 

人間には心の防衛機制というのがあり、嫌な事が自分に降りかかった場合にその防衛機制を働かせ、自分を守ろうとするそうです。要は、

  • そういう自分だって、〜〜するのに・・・
  • 〜〜という事だから、本当は〇〇さんが悪い 

上記の感じです。

 

これを仕事でミスした場合に活用し、最終的に「〜という結論から、結局は○○さんが悪い」のような論理展開まで持っていけると良いですね。

 

よって、これから仕事をする時は「人のせいにする」位の気持ち(ですが人には、絶対に話してはいけません)で、つまり「ミスしても、自分は悪くないんだ」と心の底で思う位がちょうど良いのではないでしょうか。

 

2.ストレスは誰にでもたまるもの

どんな人でも、ストレスは溜まりますよね。

 

いつでも優しく接してくれるような人でも内心は、

  • イライラしている
  • だるい
  • 毎日が不安だ

こういったマイナスの感情を抱え込んでいたりします。

 

仕事をしている以上、ストレスを100%排除して取り組むのは、無理なことですから、

いかにストレスを持ち越さず、発散させるか

上記の考えが重要だと思います。

 

ですので、この発散方法について次の見出しで解説させて頂きますね。

 

しかし最近では、ストレスを逆手にとった「アンガーマネジメント」という、「感情をマネジメントする」という方法があります。

 

関連記事がございますので、そちらも読んで頂ければと思います。 

www.sunsunflowers.com

3.どうか「負のスパイラル」に陥らないで

深酒・やけ食い・衝動買いはゲンキンです

f:id:mTakata:20191119115456j:plain

ストレスを抱え込まず、「発散する」という行為が大事なのですが、

どうやって発散させるのか?

上記がさらに大事になってきます。

 

しかし、ストレス発散方法として「食べる・呑む」って人、たまにいますよね。

 

一時的ならまだ良いのですが、これが続くとストレスを抱え込む度に暴飲暴食してしまう「習慣」が出来てしまい、深酒ですと次の日の仕事に悪影響を及ぼし、「負のスパイラル」に陥ってしまいます。

 

ですので、深酒・やけ食いは厳禁ですし、「衝動買い」という発散方法も「一時的な満足」であって、お金の「浪費」という行為に過ぎません。

 

良いストレス発散方法としては、 

  • カラオケにいく(今ではひとりカラオケの専門店がありますね)
  • 友達に愚痴る(この時にお酒を嗜む程度で飲めば良いと思います)

「何かアウトプットする」行動が、一番のストレスの解消方法ではないでしょうか。

 

僕も、週一でひとりカラオケに行って歌っていました。(一人だと何曲でも歌えます)

 

行きつけのお店は1時間半で1,050円ですが、歌ったあとは心身ともにもの凄く落ち着きましたからね。オススメです。

カラオケ苦手だし、友達もいないし・・・。

って方もいらっしゃると思いますが、解消法で肝心なのは「嫌なことを忘れる」ことです。

 

ですので、「自分の時間」が作れば良いのです。

 

例えば、映画鑑賞や読書する時間などですね。

 

興味があるものを観る・読むことをすれば、あっと言う間に「自分の時間」の出来上がりです。

 

「自分の時間」の大切さについては関連記事を貼らせて頂きますね。

www.sunsunflowers.com

 

4.まとめ

f:id:mTakata:20191119115352j:plain

自分と同じ環境・同じ仕事をしているのに、同期はどうして卒なくこなせているのだろうか?
それにしても、・・・本当に病みそう

上記で悩んでいる方も、先ほど紹介した「自分の時間」作りで、どうか健康に仕事でのストレスを上手く持ち越さず、発散させてみてはいかがでしょうか。

 

尚、紹介が遅れてしまいますがこの悩みの背景の1つとして、「人間関係」が原因だったりしますよね。

 

まだ新人の読者さんなら、会社が辛すぎたとしても

自分、入社して間もないからなぁ・・・

上記のように考える人もいらっしゃるでしょう。

 

僕も社会人1年目で、会社を辞めたい気持ちがありましたので。

 

ですが、「石の上にも3年」ということわざがあった為、無理して、我慢して会社を続けていました。

 

しかしあのことわざは、「良い意味での我慢」だと思います。

 

つまり、「自分がこうなりたい!」という目標のために自ら課した、「課題克服」のための「我慢」です。

 

外部の「自分では変えようがない」ものに対する「我慢」ではありません。

 

ですので、無理は絶対にしないでください。

一番大事にすべきは、読者さんです。

拙い文章ですが参考になれば、幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。