Sun~sun~Flower's

〜ITエンジニアとして日々前向きに生きていくノウハウブログ〜

MENU

【コレだけ必要?!】良い印象を与えるsesの退職理由とは?

measuresForInterview

sesを辞めたいです。
でも転職活動で、今のsesを辞めた理由をどう説明しようか悩んでいます。
皆さん、どんな理由で辞めて、面接ではどう答えているのだろう?

今回は、上記に悩むあなたに向けた記事です。

 

ちなみに、この記事を書いている僕は・・・

現在エンジニアで、約6年以上勤務(現在5社目で勤めています)

 

実務でのプログラミング歴は約3年以上

 

プログラミング以外でも、インフラ、上流工程など経験

上記です。

 

そして当ブログでは、プログラミングスクールの体験談や、プログラミングに関する記事を80記事ほど書いています。

 

【関連記事】

上記の通り、僕はITエンジニアですし、業界についてはある程度詳しいです。

 

そして僕も、過去にsesメインの企業に働いていて、上記のような理由で退職した経験があります。

 

もちろん、そこから転職活動を始めました。

 

その時は、前回のsesを辞めた理由を、面接でどう伝えるべきか?

 

まずは自分で考え、そのフィードバックを転職エージェントにしてもらう、という流れで修正していきました。

 

その中でsesを辞めた理由に関しては、

いかにマイナスな印象を与えない退職理由であるか?

には意識しつつ、改善していきましたね。

 

そこで培った経験も交え、本記事にしました。

 

💡本記事で分かること💡

・sesを辞めた皆が持つ「本当」の退職理由

 

・退職理由を答える時のたった1つのポイント

 

・【具体例つき】良い退職理由

上記が分かりますので、どうか最後までお付合い願います🙇‍♂️

 

【目次】

 

【本音】sesを辞めた理由とは??

real-intention-man

退職理由として多いのが、次の4つですね。

・給与が上がらない、評価があいまい

 

・希望する仕事ができない(現場を変えてくれない)

 

・1人で仕事している(自社の人との交流がない)

 

・sesの将来に不安を感じた

【本音】sesを辞めた理由①:給与が上がらない、評価があいまい

そもそも、sesの給料は上がりにくい感じです。

 

直請け案件であっても、自社に持っていかれてしまうので。

 

尚、エンジニアへの給与還元率は相場で6割でして、4割も会社に持っていかれます。

 

あと評価方法も、客先のプロジェクトパートナーの話を聞いて判断するという流れ。

 

自社の誰かがあなたを直接、見ているわけではありませんから、正当な評価もしづらいですよね。

 

酷い企業ですと、プロジェクトパートナーの話を聞く事もなく、勝手に給与を決めている。

 

そんな企業もあるようです。

【本音】sesを辞めた理由②:希望する仕事ができない(現場を変えてくれない)

エンジニア転職成功して、これからスキルを身につけて行こう!と思ったのに・・・。

 

業務内容が、

・電話対応

 

・webエンジニアとして入ったのに、エクセルでのデータ入力

 

・テストのみ

その他雑務などなど・・・。

 

上記の様な仕事をさせられて嫌になる、って言うのはよく分かります。

 

中堅以上のエンジニアであれば、現場を変えてもらうという相談は通ります。

 

しかし、新人や未経験のエンジニアが営業や上司に相談しても割と、

 

『もう少し我慢してくれ』

 

『新人なんだから、すぐに変えるのは難しい』

 

とか言われ、そのまま放置される事も。

 

僕も以前、客先の人間関係が嫌で相談した事がありましたが、上記の様に言われました。

 

あれは萎えましたね。

【本音】sesを辞めた理由③:1人で仕事している(一任)

そもそもsesは、現場リーダー以外の人が1人で客先常駐するのは違法です。(本来は2人以上の常駐です。)

 

が、割とそれを気にせずに常駐させている企業がありますね。

 

そのせいで、自社からは自分だけ客先常駐・・・。

 

挙げ句の果てに、客先にそもそもエンジニアが1人もいないので、仕事を一任される、といった事もあります。

 

未経験なのに、いきなり一任って・・・。

 

プレッシャーで耐えられないですよね。

【本音】sesを辞めた理由④:sesの将来に不安を感じた

上記3つの理由から、sesとしてこれから働くことに不安を感じる人も多いようです。

 

また、歳をとってから・・・、

 

マネジメント経験がある人ならまだしも、マネジメント経験がない人が若い人に指示される光景・・。

 

そんな光景を見て、将来が不安になってくるようです。

 

たしかに、sesで40〜50代になると、案件への参画は難しくなるようですしね。

 

以上、sesを辞めた理由(本音)を紹介しました。

 

さすがにお分かりだと思いますが、上記を転職理由として、そのまま挙げるのは良い印象を与えません。

 

ですので、次から

 

面接で答えると良い転職理由

 

を紹介していきます。

 

面接でどう答えるべきか?を具体例つきで紹介

Let's interview!

まず、紹介する前に・・・

 

転職理由を答える上で大切なこと、それは・・・

 

ポジティブな退職理由にする

 

です。

 

あまりピンと来ないかもなので、パターン別で具体例を紹介していきますね。

ポジティブな転職理由①:「給与が上がらない、評価があいまい」の場合

『前の会社では、評価制度がハッキリしていませんでした。

 

自分の営業や上司とろくに話す機会がなかったのに、給料を決められて。

 

せめて、私とコミュニケーションをとった上で評価して欲しい。

 

そういう職場で働くことが、私にとって大切でもっと頑張れるのではと考え、転職を決意しました。』

ポジティブな転職理由②:「希望する仕事ができなかった」の場合

『エンジニアになってから、電話対応やその雑務系の仕事しかありませんでした。

 

なので営業に、現場を変えてもらえるよう相談しましたが、「契約が終了するまで、我慢してくれ」の一点張りでした。

 

とりあえず我慢してみたものの、営業からは何も連絡が来ず、「この会社では自分は成長しないのでは。」と思うようになりました。

 

ですので私は、もっと開発できる現場で働きたいと考え、転職を決意しました。』

ポジティブな転職理由③:「1人で仕事している」の場合

『客先では、私1人で仕事を一任されました。

 

その為、お客さんとの打合せで「どう話せば理解してもらえるか?」や、仕事の進め方を他人を頼りにせず、考え抜き実行しました。

 

その難しさを知ると同時にプロとして、かなり成長したと自負しています。

 

ですが私にとって、仕事は仲間と一緒に進めていくものだと感じています。

 

その為、仲間と刺激し合いながらだともっと成長するのではと考え、転職を決意しました。』

ポジティブな転職理由④:「sesの将来に不安を感じた」の場合

『私はsesで、エンジニアとしての基礎を身につけました。

 

次は、もっと違うことにチャレンジしたいと考えています。

 

特に自社製品の開発や受託開発では、自社のチームと長きに渡って仕事をしていくと聞きます。

 

仲間と切磋琢磨できるはずですし、上流工程から納品まで携われるとも聞きました。

 

これが自分にとっては新たなステージだと感じた為、転職を決意しました。』

【最後に】退職理由に自信がない人へ

Let's make effort!

以上、sesを辞めた良い転職理由を紹介しました。

 

何となくかも知れませんが、ポジティブな答え方がお分かり頂けたと思います。

 

後は僕が書いた具体例を参考にしつつ、あなたのses経験を交えてアレンジすればOKです。

 

とは言え、「本当にこの退職理由で良いのだろうか?」と自信がない人もいるかも知れません。

 

でしたら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

 

転職エージェントは基本的に無料で、あなたの面接対策や職務経歴書などの添削をおこなってくれますよ。

 

僕も利用したことがあり、職務経歴書はかなり修正させられましたね(笑)

 

そのお陰で全体的に良くなりましたし、すぐに内定をもらうことができました。

 

是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

記事は以上です、ありがとうございました!