Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

【書評】トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

f:id:mTakata:20200830001154j:plain

こんにちは。

 

本の紹介になります。

 

その本の名前は・・・

 

『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』

 

著者:俣野成敏(またの なるとし)、中村将人(なかむら まさと)

 

出版社:日本経済新聞出版社

 

分類:自己啓発

 

この本で教えられたことを一部になりますが、書いていこうかと思います。

 

※僕の解釈も含まれていますので、ご了承ください🙇‍♂️

 

【目次】

【悲報】日本の未来は「残念」であること

f:id:mTakata:20200830001132j:plain

もしかしたら、既に察している人がいらっしゃるかも知れません。

 

日本は悪い意味でヤバいそうです。

 

なぜなら、国民からありとあらゆる手段で税金を搾りとっているからです。

 

例えば、2016年に導入された、マイナンバー制度。

 

あれも実は、国民から税金を抜かりなく取る為の仕組みだということです。

 

他にも消費税(あっという間に10%に上がっていますね)、所得税、住民税、社会保険料などの税金などなど。

 

しかも、その搾り取った税金を国は何に使っているのか、正直不明ですよね

もう本当に日本ダメだ・・・

あなたもそう思っているかも知れません。

 

かと言って、僕らが何かを訴えかけても何も変わらないのはもう見えています。

 

なので、どうするか?

 

それが、この本が一番伝えたかったと感じる「お金を働かせる」という発想です。

お金を働かせるという発想

f:id:mTakata:20200830001137j:plain

資産運用です。

 

僕も少しだけやっているのですが、要するに自分が稼いだお金を投資するということです。

 

パッと思い浮かぶのが、株やFXですね。

 

でも、他にも方法が存在します。

 

この本で教えてもらったのですが、具体的には次の通りです。

1.会社を設立する(法人になる)

 

2.複数の給与袋をもつ

 

3.ハイブリッド・クワドラントを目指す

1.会社を設立する(法人になる)

難しそうですね。

 

しかも、この記事を読んでいるあなたも働いていると思いますので、

ただでさえ働いているのに、会社を立てるなんて・・・

と凄く抵抗を感じるのも無理はありません。

 

ですが、この本では

会社(法人)設立は、最強の節税対策であること

上記を教えてくれました。

 

また、会社設立の具体的なステップも記載してくれていますし、読んでいく内に会社を設立することは難しくないと思えるかもです。

 

僕も近いうちに、法人として設立するかも知れませんね。

 

また、最近は会社に所属せず「個人」で稼ぐ人がとても増えています。

 

なので近い将来、それが「当たり前」になってきそうです。

2.複数の給与袋をもつ

これは案外、やっている人が多いかも知れませんね。

 

副業という方法です。

 

会社で働きつつ、もうひとつの収入源を作ります。

 

この方法は会社を設立するよりも気軽に出来、今からでも始められます。

 

もう最近なんて、副業の収入が会社からの収入を上回ることが珍しくない世の中になってきています。

 

↓こんな感じの生き方が可能です↓

【関連記事】

www.sunsunflowers.com

3.ハイブリッド・クワドラントを目指す

世の中には「4つの働き方」があると言われています。

・Employee(従業員)

 

・Self-Employee(自営業者)

 

・Business-Owner(ビジネスオーナー)

 

・Investor(投資家)

そして、もうお分かりかも知れませんが、ハイブリッド・クワドラントとは

働きながら、もう一つ別の働き方をする

というスタイルです。

 

現在、Employee(従業員)の働き方がほとんどかと思われますが、上記4つの働き方には決定的な違いがあります。

・Employee、Self-Employee・・・時間を切り売りしている

・Business-Owner、Investor・・・人もしくは、お金に働いてもらっている

こんな感じで大きく2つに分けられます。

 

最近だと、Employeeで培ったスキルを活かして休日に別の仕事を受注するといった方法が増えています。(EmployeeとSelf-Employeeのスタイルですね)

 

そして徐々にBusiness-Ownew、Investorの働き方を学んで、シフトしていくという感じですかね。

 

どちらにしても最終的には、

働かなくても、お金が生み出される

この仕組み作りが大切だと、この本は教えています。

 

ですので、例えば働きながら家に帰って本を書いたり、ブログを書いたりして、いわゆる「自動収益」を生み出す仕組みを作るのも有効かと思います。

お金を働かせるマインドとテクニック

f:id:mTakata:20200830001129j:plain

やはり、成功している人から直接学ぶのが一番だということでした。

 

「本を読む」という行為も良いですが、やはり成功者の話を聞くとより説得力のある、活きた情報を得られるからです。

 

ですので、やり方としては

1.本で、学びたいことの「芯」の情報を得る(基本を学ぶ)

2.コミュニティに参加して、話や相談をする(応用を学ぶ)

この方法が一番、お金を働かせるための一番の近道だと、この本は伝えています。

 

そして上記の勉強以外にも、その行動を実際に起こしてみるという姿勢、その努力を欠かせてはいけないという事ですね。

 

やはり、そんなすぐに働かなくてもお金が生み出されるという、楽な人生なんて存在しないです。

 

すぐに結果なんて出ないですよね。

 

焦らず、一歩一歩が大切です👍

【まとめ】お金を生み出す人生へ

f:id:mTakata:20200830001141j:plain

上記の通り、この本から教えられた事として、

・日本の将来は残念であること

・お金を働かせるという発想

・お金を働かせるマインドとテクニック

を紹介しました。

 

そして更に残念なことですが、現在Employee側が危機的状況にあるようです。

 

昔ならこの位置につけば、将来安泰・どんどん昇給、家や土地を買うと必ず値上がり、幸せな人生の未来を考えられていたのですが・・・

 

今や終身雇用の時代、年功序列、土地の値上がりはとっくに終わっています。

 

何度も言って申し訳ないですが、Business-Owner、Investorへと働き方を変えるときが来たのです。

 

もう国に頼るのは、終わりだと考えて良いと思います。

 

それでもあなたは、そのままでいますか?

 

以上です、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

【関連記事】

sunsunflowers.com