Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

【感想】小説『medium(メディウム)霊媒探偵城塚翡翠』

f:id:mTakata:20201018183333j:plain

こんにちは。

 

小説「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」を読みました。

 

ミステリー小説です。

 

そして、

・この本は、面白いのか?

上記についてまとめました。

※若干ネタバレもありますので、「それでも良い!」って方は読み進んでください。

 

【目次】

本の概要

著者:相沢 沙呼(あいざわ さこ)さん

 

ジャンル:ミステリー

 

発行社:株式会社講談社

あらすじ

数々の難事件を解決してきた推理作家・香月史郎は、城塚翡翠(じょうづか ひすい)に出会う。

 

彼女は霊媒として、死者の声を聞くことが出来るという特殊能力を持っている。

 

しかし、その能力で死者の声を聞き「犯人は誰なのか?」という答えを知りながらも、証拠能力がない。

 

そこで香月史郎の「推理能力」と彼女の「霊媒能力」の掛け合わせで、数々の難事件を解決していく。

 

しかし一方で、「証拠を一切残さない」と言われる連続殺人鬼が人々を脅かしていた。

 

そして城塚翡翠にも、その魔の手が忍び寄ろうとしていた・・・。

★第20回本格ミステリ大賞受賞

★このミステリーがすごい! 1位

★本格ミステリ・ベスト10 1位

★SRの会ミステリベスト10 1位

★2019年ベストブック

2019年に5冠を獲得した本です。

感想

 他の人の意見も貼らせて頂きましたが、僕も共感です。

 

また物語に登場する「翡翠」というキャラクターですが、この本の表紙になっている女性が恐らく翡翠です。(特徴として黒髪で目が翠色と書いてあり、表紙と一致するため。)

 

表紙だと一見、意地悪とか何か裏を持っている感じの女性ですが、ストーリーを進めていくについて、ドジっぽい部分が所々で垣間見え、そのギャップにも驚かされました。

 

さらに翡翠は、死者の声を聞くことが出来ながらも、だれにも信じてもらえないという葛藤を併せ持っています。

 

しかし、香月はその特殊能力を認め、犯人を翡翠から知った上で、その犯人にたどり着くための過程を持ち前の「論理力」を駆使し、難事件を解決していく。

 

この二人の連携ぶりが良かったです。

 

そしてもう一方で、「証拠が一切ない」ことから巷で恐れられている、殺人鬼による連続殺人事件。

 

これが、この二人にどう影響していくのだろうという、読者として読み進めていく上で、ワクワク感はすごくありました。

 

そして、最後にまさかのどんでん返し。からの更なる逆転。

 

まさに「どんでん返し」というフレーズが似合う本だったのではないでしょうか。 

まとめ

f:id:mTakata:20201019000345j:plain

この物語の進み方として、

・途中までは、力を合わせて難事件を解決していくという、おなじみのパターン

・最後はまさかのどんでん返し。からのどんでん返し

こんな感じでした。

 

そして、最後のどんでん返しが効いた為か、ミステリーや推理小説としてすごく面白かったです。

 

また、この本については著名な作家も読んでいて、感想を述べています。

 

それが上記の写真でして、みなさん大絶賛でした。

 

是非、読んでみてはいかがでしょうか。

 

最後に、僕が読んだ他の小説のレビュー記事も挙げて、この記事を終わりにします。

 

【関連記事】

ありがとうございました。