Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

【旅行】北海道2泊3日の旅行に行ってきました。(1日目)

f:id:mTakata:20190722202827j:plain

2019/7/19(金)から、2019/7/21(日)にかけて、 北海道に行ってきました。

旅の目的は、北海道の釧路湿原で「地平線」を見るためでして、中学生の頃に学校の先生が「地平線っていうのは、地面と空の境界線の事で、相当広い場所でないと見れない。日本で見れる所といったら、北海道の釧路湿原って所かなぁ。。。」とさりげなく言った、その言葉がなぜか中学生の頃の自分に強く印象に残り、いつかそういう広い場所を見てみたいなあという、「憧れ」というのがありました。

 

海外へ行けば、広い場所はいくらでも見る事が出来るのですが、中学生の頃に行ってみたかった釧路湿原への思いの方が強かったので、ようやく今年行く決心をし、旅行に行きたいと言っていた友達を二人連れて、旅行に行きました。

 

1日目(天気:全国的に雨☔️でした。)

5時半の始発に乗り、バスに乗り換え、最寄りの関西国際空港に到着したのですが、さっそく事件です。

 

その日の「peach」の関空→釧路のチケットを友達が予約してくれていたのですが、peachのチケット発券機で予約番号を何回入力しても、入力した予約番号は見つかりませんでしたという旨のメッセージが表示され、先に進みません。

「え??」と思いながら、peachの従業員に確認すると・・・、

従業員:「申し訳ないんですけど、釧路行きは本日濃霧の為、欠航になりました。」

私たち:「え・・・?」

まさかの回答に当然私たちは唖然です。 頭が真っ白になりました。

「もう旅行・・・終わり・・・??」という、絶望感が身体中に広がりました。

ようやく北海道に行ける!!すごく旅行の気分になっていたのに・・・、

ものすごく落ち込みました。

 

友達と相談し、どうするか?検討した結果、

せっかく旅行の気分だったので帰るのは勿体無さすぎるという事で、お金はかかるが行き先を新千歳に変更し、そこから釧路へ特急で向かうという方法をとりました。

ちなみに新千歳から釧路へ向かう場合、特急でも 4時間ちょっとかかります。

 

とは言いつつも、学生たちは夏休みに入ったし、これから旅行に行く人達も多いだろうから、新千歳行きは満席だろう・・・という悪い予感しかありませんでした。

ですので、最悪北海道は諦めて違う県を探して旅行しようかな・・・という思いが私の頭の中にありました。 

 

 ですが、幸いな事に「ANA」の新千歳行きの席がまだ空いていたので、4万円ぐらいしましたが、チケットをとることが出来ました。(格安航空と呼ばれるpeachが2万円ぐらいでしたので、倍の値段しましたね・・・)

予定とは異なりましたが、とりあえず旅行が続けられてひと安心でした。

f:id:mTakata:20190722203826j:plain

上の写真は、新千歳行きのANA飛行機です。席が空いてて良かったです。

 

そして、13:50に関西国際空港を発ち、2時間かけて16時ごろに新千歳空港、北海道になんとか着くことが出来ました。本当に良かったです。

 

ここから列車の旅?のような始まりです。空港に着いたらすぐにネットで「新千歳 釧路 電車」で検索し、行き方を調べました。

改めて思いましたが本当にネットは便利ですね、すぐに行き方が検索できて、「何時何分にどの乗り場から発車し、〜駅で降りて〜番線に行き何時何分の電車に乗り換える」という感じですごく具体的に明記してくれるので大変助かります。

 ちなみに私が閲覧したページは「NAVITIME」(ナビタイム)です。このページは出発駅と到着駅と時間を指定すると、最短・楽・最安ルートで行く方法を検索してくれます。

 

この「NAVITIME」(ナビタイム)はアプリとしてリリースもされており、日本を旅行するならこのアプリは必須だと思います。

 

このNAVITIMEに従い、まずは無事に新千歳から帯広まで行く事ができました。乗った電車は、「スーパー帯広」という名前の特急電車です。やはり乗る直前という事もあって、自由席しか空いてなかったですし、且つ席が空いてなかったので途中まで立っていました。(この特急電車は結構揺れるので気をつけてください。)しかし、途中駅の「トマム」駅のところで人がたくさん降りましたので、座る事が出来ました。

f:id:mTakata:20190722203935j:plain

帯広行きの「スーパーとかち」です。もう少し手前で撮れば良かったなと思います。

 

19時ごろに帯広に到着し、次は釧路に向かうのですが、帯広から釧路行きはすでに特急券をJR東日本「えきねっと」で予約済みでした。というのも、旅の目的の一つに帯広にある「北の屋台」という屋台がずらっと並んだ場所に行って、ご飯を食べたいという事もあった為予約をとっていました。

ですが、私が予約した特急券は20:18帯広発のものでしたので、帯広には1時間も居ることができませんでした。

 

とりあえず北の屋台は帯広駅から徒歩5分内の場所にありますので、北の屋台の写真だけ撮りました。予定では釧路から16時ごろ発の特急にのり、18時ごろに帯広に到着し、2時間ほど北の屋台でゆっくり食べ飲みをするつもりだったので、残念です。

(到着した19時ごろは北の屋台は並んではいませんでしたが、席が全部埋まっていた為、屋台に入る事は出来ませんでした。)

あと、北の屋台は夜中の0時まで営業しているみたいなのですが、それ以外の飲食店その他のお店は19時になると店をたたみます。ですので、帯広に来られる方、夕食を食べる際は17時から18時の間で食べるように予定した方がいいですね。

19時以降は食べるところは「北の屋台」しかないと思った方がいいです。

 f:id:mTakata:20190722205313j:plain

北の屋台です。屋台が40メートルほど続きます。食べれなかったのが物凄く残念です。

 

結局私たちは帯広駅に引き返し、駅弁屋さんがあったのでそこで豚丼(特盛で1,200円)を買い、釧路駅行きの特急で食べました。とりあえず、北の屋台で食べる事はできませんでしたが、帯広名物の「豚丼」を食べる事ができて良かったです。

f:id:mTakata:20190722205643j:plain

豚丼です。ちょっと冷めていたので味はまずまずでしたが、暖かったら、もっと美味しかったとおもいます。 

 

そしてまた2時間かけて釧路に到着しました。ホテルにチェックインしたのは、22時過ぎでした。(14時にチェックインでした。)

この日は、ほぼ「移動」にしか時間を費やしてなかったですね。

ですが、新千歳から釧路まで北海道をほぼ横断できた事になりましたし、「列車の旅」をしたんだ、と思うと良かったと思います。

f:id:mTakata:20190722205807j:plain

もう一つ、豚丼と一緒に買った「ハスカップ」という飲み物です。これは現地で初めて知りました。パッケージのシールからしてブルーベリーをイメージしましたが、思った通りブルーベリーに近い酸味があり、後味がすっきりして飲みやすかったです。

誰でも飲めると思います。

 

 こんな感じで1日目は終了しました。