Sun~sun~Flower's

日々前向きに頑張る為のブログ

MENU

【書評】トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

こんにちは。 本の紹介になります。 その本の名前は・・・ 『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』 // リンク 著者:俣野成敏(またの なるとし)、中村将人(なかむら まさと) 出版社:日本経済新聞出版社 分類:自己啓発 この本で教えられたこ…

【書評】呪殺島の殺人〜新感覚の密室推理小説〜

こんにちは。 本(小説)のレビュー記事です。 読んだ小説は、 呪殺島の殺人 // リンク 著者:萩原 麻里(はぎはら まり)さん 出版社:新潮文庫 分類:推理小説 【目次】 あらすじ 書評 あらすじ 後頭部の激しい痛みと共に目を覚ました主人公・秋津真白は、…

【書評】【著:堀江貴文さん】スマホ人生戦略〜今こそスマホだけでも稼げる時代〜

こんにちは。 本の紹介になります。 その本の名前は・・・ スマホ人生戦略 // リンク 著者:堀江貴文さん(ホリエモン) 出版社:株式会社 学研プラス 分類:自己啓発 この本で教えられたことを一部になりますが、書いていこうかと思います。 ※僕の解釈も含…

【書評】【自己啓発】嫌われる勇気〜すべての悩みの原因は人間関係?!〜

上司が怖い。そして、このままずっと出社し続けるのを考えると嫌で仕方ない。 私の人生、ホントに上手くいかない・・・最近自分が生きている価値なんて、ないんじゃないかって思う。 こんにちは。 今回は、上記のように悩んでいるあなたに向けた本を紹介しよ…

【書評】メモの魔力〜人生を変えられるメモ術〜

こんにちは。 本の紹介記事になります。タイトルは、 『メモの魔力 』 // リンク 発行所:株式会社 幻冬舎 著者:前田 裕二さん(showroom株式会社取締役社長) 分類:自己啓発 この本は・・・ 入社2、3年目。仕事は頑張っているつもりだけど、正直成果が…

【書評】魔眼の匣の殺人〜屍人荘の殺人の続編〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事になります。タイトルは、 魔眼の匣の殺人 // リンク 著者名:今村昌弘さん 発行所:株式会社 東京創元社 分類:ミステリー 「屍人荘の殺人」(著:今村昌弘さんで、こちら…

【書評】新世界〜お金より「信用」で創り出せる未来〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事です。タイトルは、 『新世界』 著者名:西野亮廣(にしの あきひろ)さん(漫才コンビ「キングコング」) 出版社:株式会社KADOKAWA 分類:ビジネス // リンク それでは、…

【書評】Google流 疲れない働き方〜組織にいても疲れない為に〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事です。タイトルは、 『Google流 疲れない働き方』 // リンク 出版社:SBクリエイティブ株式会社 著者:ピョートル・フェリークス・グジバチ 分類:倫理学・道徳 ・仕事のア…

【書評】劇場〜もどかしいながらも切なく胸につまる小説〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事になります。タイトルは、 『劇場』 // リンク 著者:又吉 直樹(またよし なおき)さん 出版社:新潮社(しんちょうしゃ) 分類:日本文学 書評しておこうと思いましたの…

【書評】自分を操る超集中力〜人生を豊かにする『操れる集中力』を手に入れる〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 この記事は、本の紹介になります。本のタイトルは・・・ 『 自分を操る超集中力 』 // リンク あの人みたいに自分も仕事で成果を出したい! 集中すべき時に集中できない・・・。 この本…

【ブックレビュー】屍人荘の殺人〜前代未聞のクローズド・サークル〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事になります。 その本の名前は・・・ 『屍人荘の殺人』 著者:今村昌弘(いまむら まさひろ)さん 発行所:株式会社 東京創元社 分類:人文・思想・社会 目次 1.著者の紹介…

【書評】火花〜お笑い芸人・又吉直樹さんの「笑い」を追究した小説〜

こんにちは。当ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 本の紹介記事になります。 2017年に出版された本になりますが、 『火花』 著者:又吉 直樹(またよし なおき)さん 出版社:文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう) 分類:日本文学 【目…

『ホントのお金持ちって??』の認識を変える本

先日読んだ本についてご紹介させて頂きたいと思います。 それは・・・ 金持ち父さん貧乏父さん(筑摩書房 著者:ロバート・キヨサキ) この本の名前を聞いた事、もしくは読んだ事がある読者さん、いらっしゃるかと思います。2000年から日本で販売され読…